ホーム > 18-634

外人×俺

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    |  元ネタは輝き>>202です
 ____________  \         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄V ̄ ̄|  かなり脳内変換してますよ
 | |                | |            \
 | | |> PLAY.       | |              ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧ ヌルー推奨
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

「ガイジンさん、じゃあスペ回ったらここでね」
「ワカリマシタ、マタ後で」
そう言って俺達は目的のスペースへと足を向けた。

俺とガイジンさんが出会ったのは去年の夏コミでのこと。
ガイジンさんはカタログの見方に困ってて、俺はお節介と好奇心で昔囓った英語で話しかけてみたのだ。
ガイジンさんは英語で話しかけられたのが嬉しかったらしく、案内がてら結構話し込んだ。
いい身体してるとは思ったけどガイジンさんは基地在住の海軍兵らしいかった。
海外にもオタクがいて、更に日本のコミケに足を運んでいるという事実は日本のオタクとしては嬉しいものだ。
日米オタク交流とか脳内で理由を付けて俺はガイジンさんとその後も交流を続けた。
やはりオタク同士それなりに気は合う。
俺は日本のオタクスポットを案内して、ガイジンさんはアメリカのオタク事情を教えてくれる。
新しいことの連続でガイジンさんとの交流はとても楽しい。

…ただ一つある問題はガイジンさんが801畑の人だと言うことだ。

人混みを抜けてガイジンさんがこっちにやってくる。
下げた鞄はパンパンで、戦果が上々だったことを示していた。
「今日も沢山買ったなぁ」
「ハイ、ネ申サークルで買えて満足デス」
「…随分馴染んだよな」
「俺サンのお陰デス」
談笑しながら会場を出る。
話題はオタク話一辺倒だったがまわりもオタクなので当然気にしない。

「そういえばガイジンさんさぁ、何でエロパロじゃなくて801なの?」
常々疑問に思っていたことを聞いてみる。
メリケンの人はもっと健全エロが好きだと思っていたので。
「カワイイ女の子も萌え~デスガ、カワイイ男の子はもっと萌え~デス。801はとてもファンタスティック!」
「ファンタジーもののエロじゃ駄目なのか…?」
よくわからない俺にガイジンさんがチチチ、と人差し指を左右に振る。
「女性が描いているのがキモなのデス。男が描くとヤパリ違いマース」
「そういうものかぁ?」
「俺サンも読んでみるとイイデス。沢山貸しマスヨ」
「…遠慮しとく」
ゲンナリした俺をガイジンさんが不思議そうに見ている。
どうもオタク腐女子間の溝を理解しきれないらしい。

「俺サン、ほっそりしてて801漫画に居そうなのに」
は?
ガリキモオタの俺に対して何と?
「とってもキャシャでキュートデスヨ。受けみたいデス」
キモオタが受けなジャンルがあるのか?
そんな馬鹿な。
しかし腐女子なら或いは…。
い、いや、問題はソコじゃない、俺が受けってどういうことだ!!
「どうしましたカ?俺サン」
「…ガイジンさんって、ホモ?」
「Oh?違いマス」
「だったら良いんだ、安心した…」
「デモ俺サンはキュートだと思いマス。ホントデスヨ」
…俺、ガイジンさんとの付き合い見直した方が良いのかな…。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧ イキオイデカイタガショウジキスマンカッタ
 | |                | |     ピッ   (・∀・ )
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP