ホーム > 15-224

彼に似過ぎた男

                    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                    |  古火田最後第二話パラレルワールドだモナ。
 ____________  \         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | __________  |    ̄ ̄ ̄V ̄ ̄|  スレで触発されたがエロ要素は全く無い、らしいね。
 | |                | |            \
 | | |> PLAY.       | |              ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 | |                | |           ∧_∧ ∧_∧ ∧∧  テカテカ
 | |                | |     ピッ   (´∀` )(・∀・ )(゚Д゚ )
 | |                | |       ◇⊂    )(    ) |  ヽノ___
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _) ┌ ┌ _)⊂UUO__||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)(_(__).      ||  |

高級ホテルのカフェで彼は座っていた。
周りには誰もおらず、ほぼ貸し切りの状態で彼は身を硬くして前にあるテーブルを見つめている。
注文したコーヒーは洒落たカップに注がれているが口を付けられた形跡は無い。
普段は穏やかな彼が、緊張して盛大な冷や汗をかいている。
何故なら――これから、彼はヒーローに会うからだ。否、会わなければならない。
ストイックなヒーローを、果たして自分が変えられるのだろうか。運良く変えられたとして、それが何だというのか。
彼は途方に暮れて一人、背中を丸めた。
首でべたつく汗を拭おうとお手拭のウエットティッシュを袋から取り出そうとした所で、自動ドアが開いた。
ぎくりと彼の動作が止まる。待ち人は遅く来る、と正月に神社で買った御神籤に書いてあったなあと彼は思った。
「お待たせしました。無効島さん、で宜しいですか?」
無効島が声の方に向き直ると、無愛想な男の隣にいるひょろりとした男がにかりと笑って握手を求めてきた。
そういう事に慣れていない無効島がスーツに擦り付けた右手を差し出すと、笑い男は両手でそれを包んで振った。
「あなたが、彼の――」
「はい、そうですが……」
開始早々に会話が途絶える。目の前で突っ立っている二人に、手振りでテーブルの向こうにある椅子を示す。
笑い男は、ああ、とたった今気が付いたように目を丸くして席に着いた。
通路側に無愛想な男が音を立てて深く座る。
無言でこちらを見やるその姿に、無効島の背筋に冷や汗が一筋流れる。
話を切り出せずにいる笑い男に細めた目を向ける。彼は、あるいはマスコミは、勘違いをしている。
その間違いを、正さなければ。
自分の顔に張り付いているものが笑顔である事を望みながら、無効島は口を開く。
「済みませんが」

「弟は、何も私に会ったから世界一になった訳じゃありません。本当に頑張ったから、世界一になれたんです」
「そ、それは、分かっています」
唐突に頭を下げた笑い男に、内心ギョッとする無効島。無愛想な男が隣の笑い男に目をやり、鼻から溜め息を吐いた。
「勝利はあなたによってもたらされた訳ではない、という事は理解しています」
けれども、感情を表に出し、チームを勝利に導いたあなたの弟さんは正しく日本の英雄なのです、と続ける笑い男のご高説は無効島の心に届かない。
それはアンタ達マスコミの都合だ。無効島は冷め切った心の奥で思った。
表情の無い人間が少年のような笑顔を見せる事で優秀な成績を修められるのなら、誰だってそうするだろう。
「馬鹿な話だ」
独り言のように、無愛想な男が呟いた。無効島はその時になってようやく、彼をしっかりと認識した。
その男は、弟によく似ていた。視線の鋭さが、言葉では表せない雰囲気が。
彼は心が凍ってしまったのかも知れない。マスコミのカメラフラッシュと押し寄せる追求で。
そう思うと、無効島は弟と彼を重ね合わせてしまった。小さな寂しさが思考を埋め尽くす。
ヒーローと呼ばれた男の孤独な心情など平凡な人間に分かるはずもないが、無効島は彼を放っておけなくなってしまった。
「私は、弟に何かをしてやれた事などありません」
無効島は彼を見据えてそう言った。
「え? ちょ、ちょっと待って下さい」
今回の話を断られるのではないかと慌てる笑い男を尻目に、彼も無効島を見る。そして――
――眉根を寄せて、くすりと笑う。
「仲田日出寿。日出だ」
「無効島です」
両者は互いに、遅い自己紹介をした。

 ____________
 | __________  |
 | |                | |
 | | □ STOP.       | |
 | |                | |           ∧_∧ ブッフォブッフォしてやった。
 | |                | |     ピッ   (・∀・ ) 特に後悔はしていない。
 | |                | |       ◇⊂    ) __
 |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  |       ||―┌ ┌ _)_||  |
 |  °°   ∞   ≡ ≡   |       || (_(__)  ||   |
早く見たいな、寅&辰のDVD。

書いたぞ!書いちゃったからな!投下しちゃったからな!!

このページを共有:
  • このページをはてなブックマークに追加 このページを含むはてなブックマーク
  • このページをlivedoor クリップに追加 このページを含むlivedoor クリップ
  • このページをYahoo!ブックマークに追加
  • このページを@niftyクリップに追加
  • このページをdel.icio.usに追加
  • このページをGoogleブックマークに追加

このページのURL:

ページ新規作成

新しいページはこちらから投稿できます。

TOP